TOP  > 観光・まちづくり教育賞  >  観光・まちづくり教育賞 受賞作品

2014年度 受賞作品紹介

総務大臣賞

愛知県

井戸 砂織(あいち子ども観光大使推進事務局)
(豊田市立東保見小学校)

授業テーマ

自分のまちが大好き!発信大好き!とよた子ども観光大使
~英語で発信!グローバル子ども観光大使を目指して~

選考理由:英語で自分たちの地域の良さを発信する「グローバル子ども観光大使」の先駆けとして価値が高い。「子ども観光大使」と「伝統文化教室」とがうまく融合しており、まちの素晴らしさを発信することを子どもたちが楽しんでいることが、詳細な実践の報告からよく伝わってきた。

総務大臣賞

文部科学大臣賞

北海道

塩谷 直大(斜里町立川上小学校)

授業テーマ

写真文章俳句で世界遺産【知床】を発信しよう

選考理由:子どもたちの「写真文章俳句」の作品が素晴らしい。世界自然遺産である知床半島を観光・環境の視点から取り上げて子どもたちに考えさせている。そこで生きる子どもたちにとって必要な知識と技能を身に付けさせるための意欲的な取り組みが高く評価された。

文部科学大臣賞

観光庁長官賞

福井県

川上 勇人(南越前町立南条小学校)

授業テーマ

ゆるキャラにアピールさせるぞ!福井県!!
~観光パンフレット作り~

選考理由:地域に根付いた調べ学習を進めながら観光パンフレットを作ることによって、県の良さを子どもたちが知り、広めていこうとする実践である。特に観光資源を「ゆるキャラ」化したり、「ゆるキャラ」が観光資源を紹介したりする手法が、学習を躍動的にしている。

観光庁長官賞

愛知県知事賞

愛知県

岩井 友紀(名古屋市立野田小学校)

授業テーマ

ようこそ!わたしたちの町へ
~名古屋のよさを見つけ、パンフレットにまとめて発信しよう!~

選考理由:国語の時間とつなげて総合的に学習を設計している。パンフレットを作成する活動を通して、子どもたちが自分の町をもっと好きになっていく様子が報告されている。活動の手順が細かく明示されていて全国での実践にも参考にすることができる。

愛知県知事賞

大会会長賞

栃木県

山口 浩彦(栃木市立大宮南小学校)

授業テーマ

とちぎふるさと子ども観光大使 2013
栃木県子ども観光大使 2013

選考理由:栃木県で子ども観光大使が77名、栃木市では20名が認定されている。新聞の連載、動画や絵手紙など、その具体的かつ着実な活動の歩みが素晴らしかった。子ども観光大使の取り組みは全国各地で広がりをみせている。その先駆的な実践例である。

大会会長賞

奨 励 賞

応募者名 授業テーマ 都道府県 学校名
髙橋 賢治・
木元 卓矢
様似の魅力を発信!自分たちのおすすめ観光コースづくり 北海道 様似町立様似小学校
中野 幸恵 「川内村の写真俳句を作ろう」
~川内村の良さを写真俳句で発信しよう~
福島 郡山市立片平小学校
堀金惠子・
鈴木崇之・
兼子真美子・
篠木正芳
会津の良さを知らせよう PR大作戦 福島 会津若松市立小金井小学校
上木 信弘 子どもたちが熱中して作った、「越前がに」をPRする 観光ポスターの授業 福井 越前市国高小学校
末廣 真弓 「ぼくたち、わたしたちの 三本柳小学校や 三本柳のまちの自慢を  いろいろな人に伝えよう」 長野 長野市立三本柳小学校
頓所 陽子 めざせ信州中野子ども観光大使! 長野 中野市立高丘小学校
大川 雅也 「木育テキスト」を活用した実践
~飯田市 竹林の利活用~
長野 飯田市立丸山小学校
山内 英嗣 下山自慢の五平餅PR大作戦 愛知 豊田市立花山小学校
川合 賢典 地元企業と連携した花いっぱいのまちづくりの授業
~小学校 1年生 生活科「笑顔 花咲く プロジェクト」~
愛知 豊川市立一宮南部小学校
松岡 高史 長島町の水産業を調べ、伝えよう
~タブレットPCを活用した合科授業~
鹿児島 長島町立城川内小学校
金城 貴裕 ふるさと沖縄調べ隊!
~沖縄の神様と鎮守の森~
沖縄 那覇市立松島小学校
赤嶺 美智子 聖地巡礼「東御廻い」agariumaai
~琉球国王もウートート~
沖縄 南城市立百名小学校

お問い合わせ先

観光・まちづくり教育
全国大会事務局

E-mail

info@satoiku.jp