TOP  >  子ども観光・まちづくり PR映像大賞  >  子ども観光・まちづくり PR映像大賞 受賞作品

2014年度 受賞作品紹介

総務大臣賞

みんな来てな!大好き松阪市!

三重県

澤村 直樹(松阪市立第二小学校)

総務大臣賞
選考理由:子どもたちが作成した絵や文章や写真が次々に展開されている。松阪牛、モロヘイヤ、松阪茶など、地域の資源の良さを子どもたちが工夫して説明している様子がよく伝わってくる。授業での指導の跡を伺わせる。
この作品をYouTubeで見る

文部科学大臣賞

「英語で自分のまちや日本の良さを発信! 」

愛知県

井戸 砂織(豊田市立東保見小学校)

文部科学大臣賞
選考理由:子どもたちが英語で日本の良さを発信している。2020年のオリンピックに向けて、学校でのこうした取り組みはもっと必要になってくるだろう。話しやすいように工夫された提示用カードを使ったスムーズな会話が素晴らしい。
この作品をYouTubeで見る

観光庁長官賞

「発見! わたしたちのまち 岩倉」

愛知県

村上 京子(岩倉市立岩倉北小学校)

観光庁長官賞
選考理由:リコーダーのBGMに乗せて資料を見せながら発表し、周りの子どもたちのかけ声も入れるなど、児童と先生との手作り感がよく伝わってくる。桜の名所100選やのんぼりあらいをしている五条川を紹介した子どもの絵も微笑ましい。
この作品をYouTubeで見る

愛知県知事賞

「Welcome to NAGOYA!」

愛知県

浜下 美智代(名古屋市立滝川小学校)

大会会長賞
選考理由:元気溌剌とした子どもたちの声が印象的な作品。子どもたちの発表の様子からは、英会話の授業での先生の指導がよく反映されていることが見て取れる。班ごとに練習し、英語で気軽に地域の良さを発信している点も良かった。
この作品をYouTubeで見る

大会会長賞

「天白川の野鳥を見に来てね!」

愛知県

伊藤 由紀子(名古屋市立平針北小学校)

大会会長賞
選考理由:授業での調べ学習がしっかりと進められている。準備している写真や、子どもたちがつくった提示用資料も細かいところまで作りこまれていて、時間をかけて学習してきたことがわかる。一人ひとりが地域の良さをよく理解している。
この作品をYouTubeで見る

Google賞

「Doodleで見る沖縄自慢」

沖縄県

金城 貴裕(那覇市立松島小学校)

Google賞
選考理由:Doodle4Googleの作品の一つひとつがどれもユニークで個性的である。地域の観光資源がうまくデザインされ、その一つ一つに意味を持たせている。文字のデザインだけでなく周囲の余白もうまく活用して情報量を多くしている。
この作品をYouTubeで見る
2013年度の受賞作品はこちら
2012年度の受賞作品はこちら
2011年度の受賞作品はこちら
2010年度の受賞作品はこちら

お問い合わせ先

観光・まちづくり教育
全国大会事務局

E-mail

info@satoiku.jp