郷土を愛する心を育てる 観光・まちづくり教育

 観光立国の実現は、これからの日本を支えていくための国民的課題と言われています。2007年には観光立国推進基本法が施行され、翌2008年には観光庁が設置されました。
  同時に、地域分権を進め、地域の人材を活性化させ、地域の資源を掘り起こし、生き生きとしたまちづくりを進めていくことも、今後の最重要課題となっています。これらの課題は、21世紀を担う子どもたちの教育を抜きにしては語れません。

 全国の小中学校教師を会員に教育技術を研究しているTOSS(代表:向山洋一)では、10年にわたって「まちづくり教育」を推進してきました。

観光・まちづくり教育

 2008年からは「観光立国教育」も積極的に推進しています。すでに全国全ての市町村(1,810市町村)のテキスト作成を終え、各地で熱のこもった実践が展開されています。

 観光・まちづくり教育は、単に「まちを調べる」だけの授業ではありません。
自分たちの住むまちの素晴らしさを知り、その知識をもとに様々な企画を立て、まちの人々と交流する授業。
自分たちのまちに誇りをもち、子どもたちがまちをデザインしていくような授業。
子どもたちが自ら観光資源を発掘し、創造し、その情報を発信していくような授業。
そのような多面的で立体的な教育を目指しています。

観光・まちづくり教育賞
2014年度受賞作品

総務大臣賞

井戸 砂織
(あいち子ども観光大使推進事務局)
(愛知県豊田市立東保見小学校)
「自分のまちが大好き!発信大好き!とよた子ども観光大使
~英語で発信!グローバル子ども観光大使を目指して~」

観光・まちづくり教育賞 2012年度受賞作品 総務大臣賞

文部科学大臣賞

塩谷 直大
(北海道斜里町立川上小学校)
「写真文章俳句で世界遺産【知床】を発信しよう」

観光・まちづくり教育賞 2013年度受賞作品 観光庁長官賞

観光庁長官賞

川上 勇人
(福井県南越前町立南条小学校)
「ゆるキャラにアピールさせるぞ!福井県!!
~観光パンフレット作り~」

観光・まちづくり教育賞 2013年度受賞作品 観光庁長官賞

子ども観光・まちづくりPR映像大賞
2014年度受賞作品

総務大臣賞

澤村 直樹
(三重県松阪市立第二小学校)
「みんな来てな! 大好き松阪市!」

子ども観光・まちづくりPR映像大賞 2013年度受賞作品 総務大臣賞

文部科学大臣賞

井戸 砂織
(愛知県豊田市立東保見小学校)
「英語で自分のまちや日本の良さを発信」

子ども観光・まちづくりPR映像大賞 2013年度受賞作品 観光庁長官賞

観光庁長官賞

村上 京子
(愛知県岩倉市立岩倉北小学校
「発見! わたしたちのまち 岩倉」

子ども観光・まちづくりPR映像大賞 2013年度受賞作品 観光庁長官賞